top of page

おそらく窯の奥に忘れられて何度も焼かれ炭化した壺です

白い釉薬も意図したものでなく、窯のなかで被った灰が溶けたものです

(と、思ってたんですが硝子を融かす坩堝の可能性も。。ただ内部にそれほど硝子が付着してないんですよね。。)

常滑系?江戸後期~明治??

時代も産地も確かではないですが、とても味わい深い壺です

偶然が生んだ美しさお楽しみください

高さ : 32cm

幅 : 23cm

水漏れ : なし

箱 : なし

君を忘れない

¥40,000価格