インドで作られた、ブロックプリント用の木版(スタンプ)です

 

沢山彫られた柄の細やかさが印象的です

ブロックプリントとは、細かな模様を彫った木版(スタンプ)を使い一柄ずつ一色ずつ手作業で生地に捺していくインドの伝統的なプリント手法で、色数の分用意されるスタンプはすべて手彫りで作られています

 

今回のものはスタンプの取っ手を取り外しコースターに見立てたものです

底面に滑り止めもつけているので使いやすいともいます

 

よく仕入先の方に『なにかプリントの作品をつくってるんですか?』ときかれるんですが『取っ手外してコースターにしてます』とは言いにくいのでなんとなくいつも有耶無耶にしてます(すみません)

 

そんな邪道な使い方かもしれませんが、グラスコースターや敷板、菓子皿として使っていただければと思っております

けっこうブロックスタンプは同じ幾何学的なパターンの繰り返しのものが多いのですがこちらは有機的なデザインでお気に入りです

厚みと大きさのバランスもいい感じです

 

バー:コースター、チョコレートなどの敷板

レストラン:懐紙を引いて一品料理の敷板

カフェ:焼き菓子などの菓子皿

 

素材:木

サイズ:W180mm×120mm/ H25mm

容量:

重量:356g

水漏れ:なし

ブロックスタンプ / インド / 20世紀

¥9,000価格